風雲急告げる米G1ケンタッキーダービー戦線

2021年4月8日 05:30

 本番まで3週間余りとなった米G1ケンタッキーダービー戦線が、ここへ来て風雲急を告げている。

 3日にキーンランドで行われたG2ブルーグラスSに昨年の最優秀2歳牡馬で、今季初戦のG3サウスウェストSも4馬身1/4差で楽勝したエッセンシャルクオリティ(牡3)が出走。1番人気に応えて勝つには勝ったのだが、逃げた重賞未勝利馬ハイリーモティヴェイテッド(牡3)をとらえるのに大いにてこずり、ゴール間際に首差かわすという辛勝だったのだ。この結果、同馬はダービーの「大本命」から「頭一つ抜けた」程度の存在に格下げになった。

 なおかつ、同日にアケダクトで行われたG2ウッドメモリアルSは最低人気のバーボニック(牡3)が制し、サンタアニタで行われたG1サンタアニタダービーは初ダートだったロックユアワールド(牡3)が優勝と、いずれも大波乱に。今週土曜(10日)にオークローンパークで行われる、ダービー最終便のG1アーカンソーダービーに出走を予定している、ここまで3戦無敗のコンサートツアー(牡3)がどんな競馬をするかが今年のケンタッキーダービーを占う鍵となりそうだ。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示