【鈴木正】唯一の牝馬に敢然◎の理由は

【鈴木正】唯一の牝馬に敢然◎の理由は

2021年10月28日 10:00

▼木曜日のテーマは競馬。前週に高配当をヒットした記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。先週はクラシック最終章、菊花賞。4番人気タイトルホルダーが逃げ切って波乱となった。そんな中、ただ一頭の牝馬ディヴァインラヴに◎を打ち、3連複1万4610円をしぶとく仕留めたのが鈴木正記者。敢然と指名した理由をここで紹介する。

 ◎が3着で「こう当てた!」と胸を張るのは少々気が引けるが、読者の方の参考になればと考えて、ここに記すこととする。これは!と感じたのは9月の木曽川特別の勝ち方だった。
 中京での2200メートル戦。3番手追走から直線、残り300メートルで早々と先頭に立った。だが、そこからアレレ?というシーンが。手前(軸脚)を戻してしまい、ラチに寄っていく。福永は左ムチでラチに寄りすぎないよう矯正したが、それでも追いにくそうだった。2着馬に猛追され半馬身差まで詰められた。ただ、白星はしっかりとつかみ、勝ちタイム2分12秒4もまずまず優秀だった。レース前、本馬場入場の際にカッカして、後肢でラチを蹴っていたことも後で分かった。アレレ?というシーンが複数あった分、その点を矯正できれば牡馬クラシックでも勝負になるとにらんだ。
 菊花賞は右回り。スムーズに手前を替え、ゴールまでキープできる可能性はある。あとはラチを気にする面をどう抑え込むかだが、6枠11番ならインに1頭置きながらレースを進められるだろうと読んだ。3000メートル走るのでイン1頭分のロスは大きいが、それでも平常心で走った方がいい。そして肝心のスタミナ。3000メートルをこなすかは分からないが、父は13年に不良馬場の菊花賞を勝ったエピファネイア。母の父ディープインパクトも菊花賞馬だ。何とか持つだろう。
 ここから先は“常識の壁”との勝負。牝馬が勝てば74年ぶりだという。データ的には、いの一番に振り落とされる馬に◎を打てるか…。実は記者にはトラウマがある。07年ダービー。牝馬ウオッカが参戦し、第一感は“勝っても何ら不思議ない”だったが、「一気の距離延長は無理」「ただ一頭の牝馬。イレ込むんじゃないの?」などと勝手な理由をつけ、馬券から無視した。その後のフィーバーはご存じの通りだ。今回、第一感でピンと来た牝馬に打たなければ悔いが残る。最後の最後は「えーい!」と勢いをつけて印を送信した。
 ◎ディヴァインラヴが直線で伸びかけた時は思わず声が出た。ただ、それは一瞬。タイトルホルダーの脚が止まりそうもないことが分かったからだ。伸びは見せるが、ムチに過剰に反応してフラつき、そのたびにスピードが落ちる。まだまだ子供なのだ。それでも何とか3着に踏ん張って馬券に貢献してくれた。ウオッカのトラウマに別れを告げ、思い出に残る菊花賞となった。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示