【田井】砂王テーオーケインズの”奇跡のバランス”とは?

【田井】砂王テーオーケインズの”奇跡のバランス”とは?

2021年12月9日 10:00

 ▼木曜日のテーマは競馬。前週に高配当をヒットした記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。先週のチャンピオンズCの馬単1100円を◎-○でしっかりとゲットした田井秀一記者が登場。勝ち馬テーオーケインズの“奇跡のバランス”とは何か。ソダシはなぜ12着に敗れたのか。馬体面から解説する。

 土曜付の牧童対決の原稿は「楽々と抜け出してくる」と締めたが…。想像を超える楽勝劇だった。◎テーオーケインズが後続に6馬身差をつける独り旅。得意と自称するダート戦の数少ないG1なのに19年◎インティ3着、20年◎ゴールドドリーム2着と仕留め切れていなかったので、ホッとしたのが一番だ。
 馬体のつくりは砂血統には珍しい脚長モデル体形。火曜付の「達眼」馬体診断で鈴木康弘元調教師が「ダートよりも芝が合いそう」と指摘するほど。重心が低いパワー型が活躍するダートでは異色の存在と言える。芝馬のようにシャープな体つきのくせに、トモ(後肢)の筋肉量は一流ダート馬のそれ。切れとパワーを併せ持つハイブリッド馬体だ。
 屈強な筋肉は父シニスターミニスターから。高速ダートに強いシアトルスルー系(米国由来のナスルーラ系)の特長を余すことなく受け継いだ。一瞬で抜け出したスピードを生み出すスラッと長い脚は、芝で活躍した母の父マンハッタンカフェから。父系と母系が良さをつぶし合うことがよくあるが、テーオーケインズはまさに“いいとこ取り”。奇跡のバランスで体が成り立っている。
 牧童対決の再掲となるが、今後も砂が深いダートコースではゴリゴリのパワー型に後れを取ることがあるだろう。前走の金沢開催のJBCクラシック(4着)がまさにそれ。中央の競馬場のダートは砂厚9センチなのに対し、金沢は10センチ。しかも、特に砂が深かったインコースからのスタートで大きく出遅れた。前走がいい煙幕になれば…と期待したが、結局1番人気。皆さん予想がお上手ですね。ちなみに南関東各場の砂厚は中央と同等。状態さえ維持できれば、今回のパフォーマンスを再現できるのでご安心を。
 最後にソダシについて。ワクワクさせてくれた砂挑戦。毎週金曜配信中のスポニチYouTubeチャンネル「スポウマチューブ」でも指摘した通り、2歳時はゴリゴリのダート馬のような体つきをしていたが、芝のレースを使うごとに血統を超え、体がどんどんシャープになっていった。ダート戦を続けて使い、砂馬らしい筋肉ボディーに戻れば“リアル二刀流”は実現可能。その適応力が、この白毛の名馬にはあると思う。もちろん、芝に戻っても応援するが、ダート好きとしてはもう数戦、こちらで頑張ってほしい。次は印を打つ。 (田井 秀一)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示