アスコットで賞金大幅増 来年日本馬の参戦願う

2021年12月16日 05:30

 英国王室が所有するアスコット競馬場を舞台に開催されるレースの賞金が、22年は大幅に増額されることになった。13日にアスコットが発表したものだ。

 エリザベス女王の即位70周年を記念する開催となる6月のロイヤルアスコットでは、2日目のメイン競走として施行されるG1プリンスオブウェールズS(芝9F212ヤード)と、開催最終日のメイン競走となるG1プラチナムジュビリーS(芝6F、ダイヤモンドジュビリーから改称)が、いずれもロイヤルアスコット史上初となる総賞金100万ポンド(約1億5411万円)となるほか、7月に行われるG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(芝11F211ヤード)の総賞金も、パンデミック前の125万ポンド(約1億9264万円)に戻ることになった。また、8月に開催される世界騎手選手権「シャーガーC」も、これまでの6競走から8競走に拡大し、総賞金もパンデミック前の36万ポンドから55万ポンドに増額されることになった。今年は残念ながらアスコットに遠征した日本馬はいなかったが、プラチナムジュビリーとなる来年にはぜひ、参戦する日本馬が現れることを願っている。 (競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示