【鈴木正】6年前の雪辱果たした!大穴的中の裏側公開

【鈴木正】6年前の雪辱果たした!大穴的中の裏側公開

2021年12月23日 10:00

 木曜日のテーマは競馬。前週に高配当をヒットした記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。18日土曜日の中山12Rで3連単68万8850円をゲットした鈴木正記者が登場。ベテラン騎手・江田照男(49)の逃げ馬は買うべし!大穴を狙った理由を明かした。

 その昔、競馬面にコラムを持っていた頃「最終レースの勝浦に注目」と何度も書き、「最終の勝浦」というフレーズが競馬ファンの間に(わずかに)浸透したことがあった。本人に「勝つのは最終だけじゃないよ」と苦笑いされるというオチもついた。近年、記者が心の中でつぶやいているフレーズは「逃げのエダテル」だ。逃げ馬に乗る江田照騎手、買うべし!
 江田照の逃げ馬を初めて強く意識したのは15年ヴィクトリアマイル。最低18番人気のミナレットで逃げを打ち、3着に粘らせ、3連単2070万5810円の超ビッグ配当を演出した。記者はそれまでミナレットには何度も本命を打ちながら、このレースに限ってマークから外した。勝ったストレイトガールに◎、2着ケイアイエレガントにも△を回していた。100円でも買っていたら…。逃した魚の大きさにぼうぜんとした。
 その後、美浦である騎手と話した時、あの江田照の逃げがどれだけ芸術的だったかを聞かされた。後方が差を詰めにくい11秒台前半のラップを刻み、4角付近で手応えが悪化したかのような“フェイク”を入れたという。追われると尾を振る癖も馬にあったので、それもいい“だまし”になったかもしれない。この時以降、「逃げのエダテル」には注意を払うようになった。
 で、今回。ヤマニンデンファレは未勝利、1勝クラスとも江田照騎乗で逃げ切った。前走1着は11番人気でのもの。2着との差は3/4馬身。「昇級初戦は様子を見よう」のパターンだろう。しかし、記者には確信があった。この馬は強い。前走、最後の直線で手前(軸脚)を替えた瞬間、グッと脚さばきに力がこもった。後続を突き放しはしなかったが、後方の馬の気配を感じ取ろうとする余裕が馬にあった(ように見えた)。休み明け、12キロ増でこの競馬。馬は明らかにパワーアップしていた。
 実はレースではネバーゴーンアウトにハナを譲ってヤマニンデンファレは3番手のイン。ただ、道中で上昇する馬がいてピッチが上がった時、誘いに乗ることなく自分のピッチを守り続け、直線ではイン2頭目を割って抜け出した。予想した“逃げ”ではなかったが結果的に勝ってくれれば文句なし。江田照の凄みに感謝しつつ、高配当を頂いた。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示