泥仕合…バファート師の法廷闘争の行方は?

2022年1月13日 05:30

 8日にカリフォルニア州のサンタアニタ競馬場で、5月にチャーチルダウンズで行われるケンタッキーオークスの出走枠をめぐるポイントが設定された、3歳牝馬のG2サンタイネスSが行われ、1番人気に応えてボブ・バファート厩舎のアンダーザスターズ(牝3)が優勝を飾った。ところが、同馬には1着馬に与えられるはずの10ポイントが加算されなかった。なぜなら、昨年5月に行われたケンタッキーダービーで1着に入線したバファート厩舎のメディーナスピリットから禁止薬物を検出。チャーチルダウンズはバファート師に対し、向こう2年間の出走停止処分を科したため、アンダーザスターズにはケンタッキーオークスの出走権がないとして、ポイント剥奪の処置を講じたものだ。

 これに対し、バファート師が法的手段に訴える準備をしていると、10日に地元メディアが報道。チャーチルダウンズ側も、受けて立つ構えを見せていると報じている。そもそも、メディーナスピリットの失格問題も、既に法廷闘争に持ち込まれており、泥仕合の様相を呈しているが、素質ある若駒がひのき舞台に立てないという事態だけは、何としても避けてほしいものである。
 (競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示