【柏原】"Bチーム"にも注目!ズバリ◎○▲で天皇賞・春の3連単的中!

【柏原】"Bチーム"にも注目!ズバリ◎○▲で天皇賞・春の3連単的中!

2022年5月5日 10:00

 ▼木曜日のテーマは競馬。前週に高配当をヒットした記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。先週は天皇賞・春の3連単を◎○▲の印通りに的中した大阪の柏原健士記者がヒーロー。「6970円は自慢にならない」と謙遜するが立派なものだ。タイトルホルダーで逆転可能の結論に至った思考の経過は非常に興味深い。

 え、自分一人だけ!?レース後もう一度、紙面をチェック。先週の天皇賞・春、記者予想で唯一タイトルホルダーに◎を打った。2番人気、1番人気、4番人気と上位人気の決着で馬単1230円、3連単6970円だから自慢できるほどでもないが◎○▲でズバリ的中は気分がいい。
 週初めから紙面でも至るところで2強、2強と強調された古馬長距離路線、春の頂上決戦。トレセンに行き出したばかりで、データなんて気にしていなかった20代の頃ならダイヤモンドSで◎だったテーオーロイヤルで本番も勝負していたと思う。踏みとどまったのは前走・ダイヤモンドS組の成績がパッとしなかったから。2カ月半とはいえ、やはり間が空いている点が気になった。ただ、1勝クラスから4連勝で重賞Vなんて、ただ者ではない。そこで▲に落ち着いた。
 2強が前回、一緒に走ったのが昨年暮れの有馬記念。2着のディープボンドに対し、タイトルホルダーは5着だから、あの時点では経験豊富な古馬に分があった。それでも1歳若い分、きっと伸びしろが大きい。冬を越しての成長度を考慮すれば逆転できるのでは…と考えた。休み明けの日経賞はハナを切って2着ボッケリーニと首差の辛勝。見た目にインパクトはなかったが勝ち切った点に値打ちがある。言うまでもなく目標はここ。距離にして1Fの違いこそあるが、叩き2走目+阪神遠征は昨秋5馬身差Vを飾った菊花賞と条件がピッタリ一致した。VTRを見ているかのような逃げ切り劇。2周目4コーナーを回る際の手応えの良さから勝利を確信した。
 東日本エリアの読者の皆さんにとっては印だけの掲載で、こういう場にたまにしか登場しないレアキャラ。それでも毎週、真剣に予想と向き合っているので、“Bチーム”の予想欄にもぜひ注目してください。 (柏原 健士)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示