米ダービー馬とオークス馬の対決あるか

2022年5月12日 05:30

 先週末にケンタッキーダービーが終了したばかりの米国だが、2冠目となるプリークネスSの開催が、来週末(21日)に迫っている。現地オッズで81・8倍という、レース史上2番目となる大穴でケンタッキーダービーを制したリッチストライクは、レース翌日の朝に、チャーチルダウンズ競馬場から、管理するエリック・リード調教師がレキシントンに持つマーキュリー・エクワイン・センターに移動。ここで調整された後、レース当該週にピムリコ競馬場に入り、2冠制覇に挑む予定だ。ダービー上位組では、4着のシンプリフィケーションも早々にプリークネスS参戦を表明している。

 ダービー組以外で参戦が取り沙汰されているのが、前日に行われたケンタッキーオークスを制した牝馬のシークレットオースだ。同馬を管理するD・ウェイン・ルーカス調教師は「あと数日、馬の様子を見てから決めたい」と言いつつ、プリークネスS参戦を否定していない。牝馬によるプリークネスS制覇は、20年のスイススカイダイヴァーなど、過去6頭が達成している。ダービー馬とオークス馬の対決が見られるかどうか、シークレットオースの動向に注目が集まっている。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示