【田村】データと信念で引き寄せた3連単30万1940円

【田村】データと信念で引き寄せた3連単30万1940円

2022年5月26日 10:00

 ▼木曜日のテーマは競馬。前週に高配当をヒットした記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。22日の新潟メイン、韋駄天Sで3連単30万1940円をブチ当てた田村達人記者が主役だ。舞台は直線競馬。データと信念に基づいて印を打ち、力強く引き寄せたビッグ配当。最下位に沈む「記者ダービー」での巻き返しも約束した。

 新潟芝1000メートルは日本で唯一の直線レース。コーナリングがないため、馬場のいい外ラチ沿いを走る馬が圧倒的に有利だ。今開催、先週の終了時点で千直は6鞍あり、枠番別の成績は1、2枠が【1・1・0・22】、3~5枠が【0・2・2・32】に対して、6枠は【2・1・1・7】、7、8枠は【3・2・3・16】と優秀。外枠に入った馬を中心視するのが基本だ。

 それを踏まえての日曜新潟メインの韋駄天S。印をつけた8頭のうち、6頭が6枠よりも外に入った馬。本命は絶好の大外枠(16)を引き当てたマリアズハートに打った。昨秋、この舞台のルミエールオータムダッシュを同じ外枠から差し切って千直の適性は証明済み。近走は調子を落としていたがコース替わりで変わり身があると思った。

 印をつけた残り2頭はシンシティ、スティクス。ともに3枠に入った快速馬。とはいえ、少し苦しいかなとは思った。外枠に逃げ馬が不在でゲートが開くと、この2頭が気合をつけて前へ。外に進路を切り替えていく。馬場のいい外ラチ沿いを確保した。とはいえ、序盤の進路取りでかなり脚を使ってしまう。予想通りの展開だった。残り100メートルでバタッと止まるのが見え見え。ゴール前、中団で脚をためたマリアズハートが馬群の隙間をすり抜け、一気に突き抜けた。直線競馬の外枠、展開がズバリとはまった。

 2着に入った10番人気の伏兵▲ロードベイリーフは初の千直で人気を落としていたが、所属する森田厩舎は18年アイビスサマーダッシュを管理馬ダイメイプリンセス(1着)、ラブカンプー(2着)でワンツー。厩舎が得意とする条件。森田厩舎の直線競馬はどの馬であっても買うのが記者のスタイルだ。

 逃げ粘った△シンシティが3着。こちらも9番人気の人気薄で、◎▲△とヒモ荒れの決着。馬単は1万160円、3連単は30万1940円のビッグ配当が飛び出した。先週、東西記者ダービーの回収率は196・6%でぶっちぎりトップ。まだ順位は13人中、最下位だが上位グループを目指せる位置にはつけた。今週は競馬の祭典・ダービー。もう一発、特大ホームランを狙っていきたい。 (田村 達人)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示