【新馬戦総括】末脚魅力 ステルナティーア&フォラブリューテ

2021年8月10日 05:30

 レースぶりにスケールの大きさを感じたのが新潟マイルで勝ち上がったステルナティーアだ。超スローの上がり勝負、4角8番手の外からグイッと伸びた。上がり3F32秒7の末脚は特筆もの。全兄ステルヴィオは2歳時から活躍、17年朝日杯FS2着の実績を持つ。翌年にはマイルCSを制した。妹も上を意識できる勝ちっぷりだった。

 新潟からは同じ芝マイルのフォラブリューテも楽しみ。直線でエンジンを吹かすと一気伸び。ラスト2Fのレースラップ11秒1→11秒4の中を差し切った。いかにも切れる牝馬といった印象。母ブルーメンブラットは08年マイルCSを含む重賞2勝。良血が幸先のいいスタートを切った。

特集

2021年8月10日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示