【ジャパンC】ブルーム 異国の地でも動きキビキビ、陣営「馬の調子は良かった」

2021年11月25日 05:30

ブルーム(右)とジャパン(撮影・郡司 修)

 ブルームは僚馬ジャパンと共に競馬学校の丸馬場からダートコースへ。軽めのキャンターなど同じメニューをキビキビとこなし、6F86秒8~1F13秒9でサッと。異国の地でも好調をアピールした。キーティング助手は「馬の調子は良かった。東京競馬場に移動してからの調教内容は金曜の馬場状態を踏まえ、A・オブライエン調教師に相談して決めることになります」と話した。

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示