【ジャパンC】ジャパン 軽めの負荷で東京競馬場への輸送備える、陣営は調整に手応え

2021年11月25日 05:30

ブルーム(右)とジャパン(撮影・郡司 修)

 競馬学校の丸馬場で体をほぐしてダートコースで6F86秒6~1F13秒7と軽めの負荷をかけたジャパン。キャンターと常歩(なみあし)を繰り返し、東京競馬場への輸送に備えた。キーティング助手は「とても元気でカイバはいつも完食しています。今日は昨日と同じ内容でしたが少し負荷をかけたものを行いました。レースに向けての調整過程に手応えを感じています」と状態面に自信をのぞかせた。

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示