【ジャパンC】ウインドジャマー 勢い感じる走り披露、馬なりのままラスト1F11秒7

2021年11月25日 05:30

レイエンダ(右)、ゴーフォザサミット(左)と併せて追い切るウインドジャマー(撮影・郡司 修)

 ウインドジャマーが上がり馬の勢いを感じさせる走りを披露した。Wコースでレイエンダ(6歳オープン)に3馬身先行し、馬なりのままラスト1F11秒7で併入。藤沢和師は「いい動き。若い頃に芝で結果を出せなかったのは適性というより気性の問題。ちぐはぐなレースばかりしていた」と語る。14年秋の天皇賞馬スピルバーグ産駒で、半兄は10年共同通信杯を制したハンソデバンド。芝で血統の威力を発揮するか。

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示