【ジャパンC】モズベッロ もう一段階良化必要、森田師「前走よりは上がっている」

2021年11月25日 05:30

馬場閉場前、荒れ馬場の坂路を駆け上がるモズベッロ

 秋3戦目になるモズベッロだが、まだ良化途上は否めない。最終追いは坂路。先週日曜にも4F56秒5~1F12秒2の時計を出しているが、この日の4F52秒9~1F12秒9から感じられるのは、もどかしさ。ゴール前は鞍上がうながすシーンもあった。森田師は「絶好調時ほどの動きではないが前走よりは上がっている。悪くはない。ただ、良化がスロー。もう一段、上がってほしい」と話すにとどめた。春の大阪杯2着でコントレイルに先着。力は秘める存在だ。

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示