【ジャパンC】3冠馬コントレイル G1・5勝で有終V!史上初の4世代ダービー馬対決を制す

2021年11月28日 15:44

<東京12R・ジャパンカップ>ジャパンカップを制した福永騎乗のコントレイル(撮影・西川祐介)

 海外からの招待馬と日本馬が対戦する国際G1競走「第41回ジャパンカップ」(芝2400メートル)は28日、東京競馬場で行われ、この一戦限りで現役引退する1番人気コントレイル(牡4=矢作)が昨年2着の“雪辱”を果たしG1・5勝目。海外G1馬3頭参戦、史上初の4世代ダービー馬対決実現など国内外のG1馬9頭がそろった“頂上決戦”を制し有終Vを飾った。2着に3番人気のオーソリティ(牡4=木村)、3着には2番人気のシャフリヤール(牡3=藤原英)が入った。なお、レース後にはパドックにて引退式が行われる予定。

 勝ったコントレイルは父ディープインパクト、母ロードクロサイト(母の父アンブライドルズソング)の血統。通算成績は11戦8勝。デビューから無傷の7連勝で3冠制覇を成し遂げるも、次のジャパンC(G1、東京・芝2400メートル)では2着に終わり初黒星。その後も大阪杯(G1、阪神・芝2000メートル)3着、天皇賞・秋(G1、東京・芝2000メートル)2着と白星から遠ざかっていたが、ラストランで昨年2着の“雪辱”を果たした。

 これでコントレイルは1着賞金3億円を獲得し、JRA獲得賞金が11億9470万6000円となり、ゼンノロブロイ(11億1560万8000円)を抜き歴代10位にランクイン。先週のマイルCSを制し有終Vを飾ったグランアレグリア(10億7381万3000円)も上回ることになった。

 また、ディープインパクト産駒はジャパンCで歴代単独トップとなる4勝目。コントレイルは父シンボリルドルフ(1985年)―子トウカイテイオー(1992年)、父スペシャルウィーク(1999年)―子ブエナビスタ(2011年)、父ディープインパクト(2006年)―子ジェンティルドンナ(2012・13年)、父ディープインパクト(2006年)―子ショウナンパンドラ(2015)に続く史上6度目の父子制覇を達成した。

 鞍上の福永は天皇賞・春(ワールドプレミア)、日本ダービー(シャフリヤール)、スプリンターズS(ピクシーナイト)に続く今年4度目のJRA・G1制覇で通算32勝目。ジャパンCは8度目の挑戦で初優勝を飾った。

 管理する矢作師は、昨年の菊花賞(コントレイル)以来となるJRA・G1通算14勝目。今年の国内G1初勝利も海外ではラヴズオンリーユーでクイーンエリザベス2世C(香港)とブリーダーズCフィリー&メアターフ(米)、マルシェロレーヌでブリーダーズCディスタフ(米)を制し、G1・3勝を挙げていた。ジャパンCは6度目の出走で初優勝を手にした。

 ▼ジャパンC 「世界に通用する馬づくり」を目指すべく、1981年に創設された重賞。第1回に参戦した外国馬は北米とアジアの8頭。翌年から欧州とオセアニア勢が加わり、世界一の参加国数と話題になった。日本馬の初勝利は第4回(1984年)カツラギエース。外国馬の勝利は第25回(05年)英国馬アルカセットを最後に途絶えている。近年は外国馬の参戦が減少。一昨年は創設以来、初の外国馬不在となった。

特集

2021年11月28日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示