有終V「コントレイル」が世界トレンド1位 ネット絶賛「飛行機雲、最後の軌跡を忘れない」

2021年11月28日 17:17

<ジャパンカップ>レースを制したコントレイル。鞍上の福永は目頭を押さえる(撮影・郡司 修)

 海外からの招待馬と日本馬が対戦する国際G1競走「第41回ジャパンカップ」(芝2400メートル)は28日、東京競馬場で行われ、この一戦限りで現役引退する1番人気コントレイル(牡4=矢作)が昨年2着の“雪辱”を果たしG1・5勝目。有終Vを飾るとツイッターで「コントレイル」が世界トレンド1位を獲得。さらにコントレイルの馬名を意味する「飛行機雲」もトレンド入りするなど、ネット上で大きな反響を呼んだ。

 海外G1馬3頭参戦、史上初の4世代ダービー馬対決実現など国内外のG1馬9頭がそろった“頂上決戦”は昨年の3冠馬コントレイルが制しG1・5勝目。初黒星を喫した昨年のジャパンC(G1、東京・芝2400メートル)2着の“雪辱”を果たす快勝劇にネット上では「コントレイルマジで感動した!!」「感動をありがとう」「ラストランにしびれた」「コントレイルと福永騎手に感動を貰った」「最後までカッコ良かった」など称賛の声が続々。

 さらにネット上では「その飛行機雲は消えることなく競馬界に残り続ける」「ありがとう。飛行機雲、最後の軌跡を忘れない」「この飛行機雲の軌跡は永遠に残り続ける」「空の彼方に最後の軌跡。黄金色の空に一筋の飛行機雲。ホンマ競馬って理屈じゃ語れない何かがあるよね」「飛行機雲がトレンド入りするのも粋」とコントレイルの馬名を意味する飛行機雲についても話題となった。

特集

2021年11月28日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示