【東京・2歳新馬戦】良血サリエラが逃げ切り勝ち  ルメール「いい反応をしてくれた」

2021年11月28日 12:54

レースを制したサリエラ(撮影・郡司 修)

 東京6R・2歳新馬戦(芝1800メートル)は先手を奪った2番人気サリエラ(牝=国枝、父ディープインパクト)が一度は迫った1番人気サイルーンを振り切り、1分47秒2の好時計で逃げ切り勝ち。ルメールは「いいスタートだったので逃げた。マイペースで行けたし、直線はライアン(ムーア)と併せ馬になったけど、ムチを1発入れたら、いい反応してくれた」と称賛。半兄に朝日杯FSを制したサリオスがいる良血。国枝師は「体は大きくない(424キロ)けど、ディープ産駒らしく、いいものを持っている。どんな競馬でもできそうだし、自在性がある。ゆっくり育てていきたいね」と笑顔だった。

特集

2021年11月28日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示