【東京・2歳未勝利戦】1番人気ウィズグレイスが2歳コースレコード  国枝師「びっくりだよね」

2021年11月28日 11:48

 東京4R・2歳未勝利戦(芝2000メートル)で衝撃レコードが飛び出した。好スタートから先手を奪った1番人気ウィズグレイス(牝=国枝、父ディープインパクト)が2着に6馬身差をつけ、1分58秒5の2歳JRAレコード。従来の記録(グランデマーレの1分58秒9=19年の葉牡丹賞で記録)を0秒4上回る化け物タイムで制した。

 新馬戦(5着)に続いて騎乗したルメールは「ずっと冷静に走れた。だんだんと快速していいリズム。後ろの馬は疲れてましたね。僕のは楽だった」とニッコリ。前半5F59秒2のハイラップを刻み、圧巻の逃走劇。国枝師は「びっくりだよね。場内アナウンスも(59秒台と)言っていたし、ムーアが付いてくるからどうなることかと思ったよ。スノーフォールだ」と同じディープインパクト産駒の今年の英愛オークス馬の名前を挙げて感心しきり。母カラライナは米G13勝の良血馬。同師は「手脚が長いし、距離はマイルというよりは長いところ向きかな。クラシック?当然乗ってくると思う」と期待を込めた。

 来春オークスはもちろん、牡馬相手のダービーでも夢が広がる快走だった。

特集

2021年11月28日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示