【ジャパンC】コントレイル引退式に4200人 矢作師、次は産駒で凱旋門賞獲り

2021年11月29日 05:30

矢作師を背に引退式に登場したコントレイル(撮影・会津 智海)

 感動の有終ゴールから1時間後。コントレイルの引退式を、約4200人がパドックで待っていた。リスグラシューの引退式と同じく矢作師自らが騎乗し、ダービー優勝時の「5」のゼッケンを着けて2周。ライトに照らされたその馬体は、黄金色に輝いていた。

 矢作師の目には光るものがあった。「言葉にならないです。寒い中、こんなに遅くまで残っていただいて…。ありがたいことです」

 「チームコントレイル」で成し遂げた大団円。指揮官は「初めてコントレイルにまたがって、空を飛んでいるようでした。きっと子供も同じように飛んでくれるはずです。コントレイルの子供で凱旋門賞を獲りに行きたいと思います」と目を輝かせた。2年間の競走生活が走馬灯のように駆け巡る。無敗3冠が懸かった菊花賞前は眠れない日々が続いた。今年初戦の大阪杯(3着)は豪雨に泣き、宝塚記念を断念した。「宝塚を回避したのは疲れだけでなく、実は脚部不安もあった」と苦闘も明かした。それでもみんなで必死に復活を模索した。「今秋は攻めても脚元が悪くならない。3冠の時のプレッシャーがあるから今日は大丈夫だった」。人馬を信じ抜いたゆえの至高の結末だった。

 栗東に一度戻り、今週後半にはけい養先の社台スタリオンステーション(北海道安平町)へ。福永は「無敗3冠馬(ディープインパクト)から生まれた無敗3冠馬。その流れを継続できるのはコントレイルだけ。きっと素晴らしい子を送り出してくれると思います」とエールを送った。産駒のデビューは25年夏。父の偉大な血を「飛行機雲」のようにつないだコントレイルには、輝かしい未来が待っている。

特集

2021年11月29日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示