フェブラリーSで最重要血脈は「ストームキャット」

フェブラリーSで最重要血脈は「ストームキャット」

2021年2月17日 05:30

 今回のフェブラリーSは優先出走権のある根岸S勝ち馬と東海S勝ち馬、プレレーティング上位5頭、さらに収得賞金順9頭の出走予定馬16頭全馬の父馬が異なる。もともと父馬単位の多様性が日本のダート競馬の特質で、血統的な大混戦は通常モードというべきだろう。ちなみにG1昇格後四半世紀が経過してなお複数の優勝馬を出した種牡馬はゴールドアリュール(10年エスポワールシチー、14、15年コパノリッキー、17年ゴールドドリーム)のみである。

 16頭の父馬の中で異彩を放つのはレッドルゼルの父ロードカナロア。産駒のJRAダートG1出走は昨年のミッキーワイルド(16着)以来2度目で、レッドルゼルが勝った前哨戦の根岸Sでは穴人気になった芝の大物ステルヴィオが10着に終わっている。現在リーディング2位の近未来のチャンピオンサイヤーもダートサイヤーとしての能力は半信半疑というのが実情だが、フェブラリーSに関しては血統面に強力なアドバンテージもある。母の父として内蔵するストームキャットだ。

 昨年の優勝馬モズアスコットの母の父の父、一昨年のインティの祖母の父の父、5年前の覇者モーニンの3代父であるストームキャットは、00年代からさまざまな形で存在感を示してきたフェブラリーSの最重要血脈。「父の母の父」としても影響力に変わりはないだろう。 (サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示