父系適応力抜群アメリカンペイトリオット 芝もダートもこなす快速ザファクター

父系適応力抜群アメリカンペイトリオット 芝もダートもこなす快速ザファクター

2021年7月21日 05:30

 【新種牡馬紹介(4)】アメリカンペイトリオット 2013年生まれ 鹿毛 米国産 父ウォーフロント、母ライフウェルリヴド(母の父ティズナウ)北米で14戦5勝 主な勝ち鞍はメイカーズ46マイルS 2歳産駒108頭。
 北米芝路線で活躍したG1マイラー。G1タイトルはメイカーズ46マイルSのみだったが、芝9FのケントSをコースレコードで制し、10FのセクレタリアトSでも小差3着と、距離には融通の利くタイプでもあった。大種牡馬ダンチヒが24歳時の種付けで送り出した父ウォーフロントは、特異な芝適性を武器に種牡馬として大成功。産駒は北米のみならず欧州G1戦線でも存在感を放った。この父系の生命線は環境適応力で、世界最高水準のターフサイヤーがしのぎを削る日本の血統市場でも独自の地位を確立できるはず。

 ザファクター 2008年生まれ 芦毛 米国産 父ウォーフロント、母グレイシャスネス(母の父ミスワキ)北米・UAEで13戦6勝 主な勝ち鞍はパットオブライエンS、マリブS 2歳産駒117頭。

 2歳時にダート6F、1分6秒98のコースレコードを叩き出した天才肌の快速馬。こちらは父の産駒では異端に属するダート特化型だったが、種牡馬としては芝でもグレード級を連発しており、昨年は北米リーディングで自己最高位の9位にランクされた。芝、ダート兼用の使い勝手の良さが最大の売り物。単年リースで現2歳が最初で最後の日本産世代となるが、産駒の勝ち上がり率は高そうだ。 (サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示