“英2歳王者決定戦”で話題の無敗馬2頭が激突

2021年10月7日 05:30

 英国における2歳王者決定戦的位置づけにあるG1デューハーストS(芝7F)が、今週土曜日にニューマーケットで行われる。

 3馬身半差で制した前走G1ナショナルS(芝7F)を含めてここまで3戦3勝の成績を残し、来春の英2000ギニーの本命と目されるネイティヴトレイル(牡2、父オアシスドリーム)が圧倒的支持を受ける中、4日に設けられていた登録ステージで3万2000ポンド(約495万円)の追加登録料を払って出走表明。これに敢然と立ち向かう姿勢を見せているのがストレートアンサー(牡2、父コーディアック)だ。

 ジャドモントの自家生産馬で、G1ジャンロマネ賞(芝2000メートル)勝ち馬アナウンスのおいにあたる同馬。アイルランドのG・ライオンズ厩舎から8月21日にデビューし、カラのメイドン(芝6F)を制して初戦勝ちを飾ると、次走は9月20日にフェアリーハウスで行われたLRブレナムS(芝6F)に出走。スピードの違いを見せてハナに立つと、最後は後続に5馬身半差をつけて逃げ切り、無敗の2連勝を飾った。

 話題の無敗馬2頭が対決するデューハーストSに、日本の競馬ファンの皆さまも、ぜひご注目いただきたい。 (競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示