【阪神JF】ウォーターナビレラ 流行最先端の母父キングヘイロー

【阪神JF】ウォーターナビレラ 流行最先端の母父キングヘイロー

2021年12月8日 05:30

 唯一の3勝馬ウォーターナビレラは新種牡馬シルバーステート産駒。直近5年では16年の優勝馬ソウルスターリング(父フランケル)、17年の優勝馬ラッキーライラック(父オルフェーヴル)、19年の2着馬マルターズディオサ(父キズナ)がそうだったように、2歳女王決定戦にはルーキーサイヤーの登竜門的な側面がある。今の時代はポリコレ的に微妙な表現だが、若い女の子が流行に敏感なのは馬の場合も同じということだろう。

 ウォーターナビレラは父だけでなく、母の父キングヘイローもある意味で流行の最先端。秋口のコラムで“14年目の活動期突入”を予告したBMS(ブルードメアサイヤー=母の父)キングヘイローは以後1クールでスプリンターズSのピクシーナイト、東京スポーツ杯2歳Sのイクイノックスを合わせて重賞3勝を積み上げた。今年のJRA重賞勝ち馬7頭、勝利数8勝は、どちらも稼働数で4倍以上の開きがあるキングカメハメハ、ディープインパクトの上を行く国内最多である。

 ちなみに00年以降、母の父として年間7頭以上のJRA平地重賞勝ち馬を送り出した種牡馬は他にサンデーサイレンス、ノーザンテースト、トニービン、キングカメハメハしかいない。今年のBMSキングヘイローは統計的にも歴代チャンピオンサイヤー級。空前のリバイバルブームは今週末に最高潮に達することになりそうだ。 

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示