【田井】192万的中の”WIN5職人” 買い方プロセス大公開!

【田井】192万的中の”WIN5職人” 買い方プロセス大公開!

2022年1月13日 10:00

 今年の正月は生まれて初めておいっ子たちにお年玉を配った。わずか数日後に何十倍になって返ってくるとは…。昨年も3回的中したWIN5。どうやら得意!?なようなので、予想のプロセスをお伝えしたい。

 記者は根っからの単勝派。単勝は基本的に1点買いなので、資金によっては1レースにつき2頭以上選べるWIN5は気が楽だ。

 (1)まずは、対象5競走で荒れないレースを探す。
 点数を絞る上で重要なステップになる。今回では第2、3関門の中山10R、中京10Rがそうだった。ジュニアCは◎アバンチュリエ、○インダストリアの潜在能力が抜けているとの判断。結果的に○が怪物だった。単勝なら不的中だがWIN5だから突破。万葉Sは馬体重賞級の◎マカオンドールで堅いと感じたが、念のため実績上位の○ディアマンミノルも買い目に加えた。取り越し苦労に終わり、◎が勝ち切った。

 (2)荒れると踏んだレースは制限を設けずに点数を広げる。
 最終関門の中京11R・スポニチ賞京都金杯。◎バスラットレオン、○エアロロノア、▲トーラスジェミニと“前残り”読みの印。展開は水物なので差し決着になった時が怖かった。そこで☆ザダルを加えて、今回最多の4頭をピックアップした。結果はザダルが直線一気。7番人気だった同馬は【6025】の通算成績。完勝か惨敗か、というタイプはWIN5のミソになりやすいので、優先的に買い目に加えておくことをオススメする。

 今回は3、2、2、3、4頭を選出し、144点の買い目となった。普段は120点までに抑えることを意識しているので“制限”をはみ出した格好だが、軍資金奮発に迷いはなかった。苦い思い出は競馬記者になりたての19年ダービー当日。最後の最後まで迷った揚げ句、6000円をケチって○ロジャーバローズを買い目に入れなかった。リーチがかかっていたダービーでロジャーが抜け出すと顔面蒼白(そうはく)。配当は2918万円。妻に一部始終をLINEすると「家に帰ってくるな」と突き放された。

 まずは点数を意識せずに先述のステップを踏む。迷ったら買い目に加える。その結果、点数が軍資金を大幅に超えるのであれば、参加しない選択肢があってもいい。己の思考とその日のWIN5に縁がないのだから。3連単でだって夢は十分に買える。ただ、WIN5がリーチ状態で迎えるメインレースの興奮は何にも代えられない特別なもの。機会があれば、ぜひ一緒にWIN5を楽しみましょう。その際はスポニチ競馬面のWIN5コーナーのチェックをお忘れなく。(田井 秀一)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示