G1で牡馬に挑むシークレットオース

2022年3月17日 05:30

 2月26日にオークローンパークで行われたG3ハニービーS(ダート8・5F)を7馬身半差で圧勝したシークレットオース(牝3)が、4月2日に同じくオークローンパークで行われるG1アーカンソーダービー(ダート9F)で牡馬に挑むことになった。同馬を管理するウェイン・ルーカス師が明らかにしたものだ。

 ハニービーSの前走LRマーサワシントンS(ダート8・5F)も7馬身1/4差で制し、この地区の牝馬では抜けた存在となっているのがシークレットオースだ。アーカンソーダービーと同日のオークローンパークには、牝馬限定のG3ファンタジーS(ダート8・5F)も組まれているが、牡馬にぶつけるべき時が来たと判断したようだ。

 今年のケンタッキーダービー戦線は確たる主軸のいない大混戦模様となっているだけに、アーカンソーダービーの「次」も、ルーカス師の視野に入っているはずだ。ちなみにルーカス師は84年に牝馬のアルシアでアーカンソーダービーを、88年に牝馬のウイニングカラーズでケンタッキーダービーを制している。まずは、アーカンソーダービーでシークレットオースがどんな競馬を見せるかに注目したい。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示