【京成杯】プラチナトレジャー 動きも時計もグッド!国枝師「1勝馬同士ならチャンスある」

2021年1月14日 05:30

<京成杯>追い切りを行うプラチナトレジャー(撮影・西川祐介)

 プラチナトレジャーはサクセッション(4歳オープン)を7馬身先行する形でスタート。直線で追われると3馬身のリードを保ってフィニッシュした。国枝師は「しっかり動いていたし、時計も良かった。フワッと行けば外に張るようなこともないでしょう」と好感触。「前走を見ると、もうひと皮むけてほしいと思うが、1勝馬同士ならチャンスはある」と語っていた。

特集

2021年1月14日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示