【京成杯】タイソウ 坂路単走4F53秒6 西園師は手応え「いい動き」

2021年1月14日 05:30

<京成杯>坂路を駆け上がるタイソウ(撮影・亀井 直樹)

 先週のシンザン記念のワンツーに象徴されるようにモーリス産駒がブレーク中。同じ3歳重賞の京成杯でタイソウは2頭がスタンバイしたモーリス産駒の秘密兵器的存在。西園師は「前走の上がり2Fは11秒台のラップ、勢いがついてからは低い姿勢でよく伸びた」と初戦を高評価。坂路単走4F53秒6~1F12秒3にまとめた追い切りは「いい動き」と目を細めている。「中山でもスッといい位置は取れると思う」と、遠征の初コースも意に介さずだ。

特集

2021年1月14日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示