ペルシアンナイト引退 今後は馬事公苑で乗馬に

2022年1月13日 16:10

17年11月、エアスピネル(奥)をゴール前で鼻差かわし、激戦を制したペルシアンナイト。右は3着のサングレーザー

 17年のマイルCSを制したペルシアンナイト(牡8=池江、父ハービンジャー)が現役を引退することが決まった。13日、G1サラブレッドクラブのホームページで発表された。今後は馬事公苑で乗馬となる。

 通算成績は36戦4勝。総獲得賞金は4億6789万8000円。重賞はマイルCSとアーリントンCの2勝。昨年の有馬記念(14着)がラストランとなった。

特集

2022年1月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示