【愛知杯】ルビーカサブランカ CWでキレキレ、須貝師も満足「いい動きだった」

2022年1月13日 05:30

CWコースにて併せ馬で追い切るルビーカサブランカ(左)(撮影・亀井 直樹)

 重賞初挑戦のルビーカサブランカは酒井(レースは武豊)を背にCWコース併せ馬で切れ味を発揮した。サトノアヴァロン(3歳未勝利)の内から馬体を併せ、直線は楽な手応えのまま首差先着。ラスト1Fは11秒2の好時計をマークした。見届けた須貝師は「いい動きだった」と満足げ。キャリア19戦のうち掲示板を外したのは1回しかない。「元々相手なりに走っていたしハンデの52キロも魅力やな」と期待を寄せた。

特集

2022年1月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示