【愛知杯】デゼル 久々の重賞Vへシャープな動き、陣営「本来の切れ味を出せれば」

2022年1月13日 05:30

CWコースで追い切るデゼル(撮影・亀井 直樹)

 昨年の阪神牝馬S勝ち馬デゼルはCWコースの入り口でごねる場面もあったが、走りだしてからはスムーズ。直線は重心の低いフォームでシャープな動きを見せた。大江助手は「バランスも良くなり、エリザベス女王杯(8着)の時より上積みを感じる動きですね」と上昇ぶりを強調。「力は上位だと思うしハンデ(55・5キロ)も妥当かな。本来の切れ味を出せれば」と久々の重賞Vに燃える。

特集

2022年1月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示