カナロアついにディープ抑えリーディング首位 このまま“独走態勢”持ち込む可能性も

カナロアついにディープ抑えリーディング首位 このまま“独走態勢”持ち込む可能性も

2021年2月3日 05:30

 根岸Sで1番人気に応えたレッドルゼルはロードカナロア産駒の5歳馬。年頭の京都金杯のケイデンスコールに続く本年JRA重賞2勝目となった種牡馬ロードカナロアは、総合リーディングで2位ディープインパクトに約5200万円差のトップを維持して2月を迎えることになる。

 1月終了時点で常勝ディープインパクトがサイヤーランキングの首位を譲ったのは17年以来、4年ぶり。この年はロードカナロアの父であるキングカメハメハが約1億5000万円差をつける猛ダッシュを見せていた。ちなみにキングカメハメハはその前年の16年も1月の月間リーディングだった。冬場の先制攻撃はキングカメハメハ系の勝負手と言えるだろう。前記レッドルゼルはロードカナロアにとって初のJRAダート重賞勝ち馬。昨年の稼ぎ頭のアーモンドアイが抜けた穴を芝、ダート、距離不問の総力戦で埋める構えだ。

 総合リーディングでは余裕のスロースタートとなったディープインパクトは、BMS(ブルードメアサイヤー)リーディングで早々と首位に立っている。AJC杯のアリストテレスなど、「母の父」として月間33勝(中央・地方合算)を挙げ、獲得賞金は前年同時期の約2・5倍となる3億2483万5000円。今週のエルフィンSに出走を予定している3冠牝馬ジェンティルドンナの娘ジェラルディーナなどクラシック世代も素質馬ぞろいで、このまま独走態勢に持ち込む可能性大だろう。(サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示