シーザリオ代を経ても衰えない遺伝力

シーザリオ代を経ても衰えない遺伝力

2021年3月3日 05:30

 05年のオークス馬シーザリオ(19歳、父スペシャルウィーク)が2月27日、子宮周囲の動脈断裂により急死した。年齢的にもこの1、2年が生産部門での集大成と思われただけに惜しまれる。先週の当欄でも直子リオンディーズの産駒ピンクカメハメハのサウジダービー制覇を取り上げたばかり。日本調教馬唯一の米G1(アメリカンオークス)ウイナーでもある名牝は、母として残した業績も記録的と言えるものだった。

 シーザリオは15年の繁殖生活で現1歳のロードカナロアの牝駒まで12頭の血統登録産駒を残し、その中から13年の菊花賞馬エピファネイア、19年の皐月賞馬サートゥルナーリア、そして前記15年の朝日杯フューチュリティS勝ち馬リオンディーズが出た。複数のG1馬を産んだクラシックホースは過去にアグネスフローラ、ベガ、エアグルーヴがいたが、3頭は史上初で、現3歳の有望株ルペルカーリアがさらに記録更新する可能性もある。他にも現役準オープンのファーストフォリオなど9頭がJRAで勝ち星を挙げており、出走馬で唯一未勝利だったロザリンドはG22勝のオーソリティの母となっている。

 代を経ても衰えない遺伝力はエピファネイア、リオンディーズ兄弟の種牡馬成績によっても実証されている。度々引き合いに出してきた20世紀の名牝アーバンシー(ガリレオ、シーザスターズの母)のように、“21世紀の名牝”シーザリオは名馬の血統表の中で生き続けることだろう。 (サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示