英国キングマン産駒 日本席巻も

英国キングマン産駒 日本席巻も

2021年3月10日 05:30

 先週末に行われた牡牝のクラシックトライアルは弥生賞ディープインパクト記念がドゥラメンテ産駒タイトルホルダー、チューリップ賞はミッキーアイル産駒のメイケイエールと在外種牡馬キングマン産駒エリザベスタワーの同着優勝だった。ドゥラメンテとミッキーアイルはどちらも現3歳が初世代。チューリップ賞が桜花賞トライアルに指定された95年以降、牡牝のトライアル開幕戦をルーキーサイヤーの産駒が制したのは、02年チューリップ賞のヘルスウォール(父エリシオ)と当時の弥生賞のバランスオブゲーム(父フサイチコンコルド)以来、19年ぶりのレアケースである。

 もう1頭のチューリップ賞優勝馬エリザベスタワーの父キングマンは英国供用種牡馬。こちらも日本のクラシックには産駒の出走歴がなく、広義では“ルーキー”ということになる。グリーンデザート系インヴィンシブルスピリット後継のキングマンは、現役時に欧州でマイルG1・4勝を含む8戦7勝、唯一の敗戦が英2000ギニー2着という強豪。種牡馬としても仏2000ギニーのパーシャンキング、セントジェームズパレスSとジャックルマロワ賞で“ダブル2代制覇”のパレスピアを出している有望株で、エリザベスタワーはこの父の第3世代初のGレース勝ち馬となる。

 キングマンは翌日の弥生賞ディープインパクト記念でも産駒のシュネルマイスターが2着を確保した。この春は英国からのリモートワークで日本競馬を席巻しそうだ。 (サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示