【万里絵】素直に三強上位独占!配当も感動もゲット

【万里絵】素直に三強上位独占!配当も感動もゲット

2021年11月4日 10:00

 木曜日のテーマは競馬。前週に高配当をヒットした記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。先週は何といっても天皇賞・秋。3強ワンツースリーで決まり、3連単は2040円だったが、ここをきっちり当てることに意味がある。武本万里絵記者は大振りすることなく、信念の◎エフフォーリアで歴史的一戦を仕留めた。レース後はもらい泣きしそうになり、配当も感動ももらった。

 いいレースだったなあ。レースから数日が経過した今も余韻に浸っている。◎のエフフォーリアが勝ったうれしさもあるが、ゴール前での3強対決は見応え十分だった。強い馬たちが強いレースをする。競馬の大きな魅力だ。「3強対決は意外に3強で決まらないんだよ」という先輩がいた。うーん…。昨年のジャパンCもアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの3冠馬3強対決と言われ、3頭上位独占で決まったのに…。自分は素直に今回も人気上位3頭で決まるとみて、3連系の馬券は3頭で組み立てた。馬券的にきっちり決められたことも、いい余韻につながっているのかもしれない。
 ◎エフフォーリアの理由も説明したい。悩むことなく、あっさりと決まった。まずは横山武の勢いだ。今年、皐月賞(エフフォーリア)、菊花賞(タイトルホルダー)、そして天皇賞でG13勝を挙げた22歳。とにかく思い切りがいい。「思いつき」の「思い切り」はよろしくないが、彼の場合は考え抜いて作戦を実行できる胆力と技術がある。前週の菊花賞を勝ったことで、いい意味で肩の力も抜けているはずと読んだ。
 重量56キロも大きいと思った。3強はゴール前、絶対に差のない叩き合いになるはず。そこでコントレイルから2キロ“もらえる”のは大きい。エフフォーリア自身の強さも評価した。無敗で皐月賞を制覇。3馬身後方の2着タイトルホルダーが菊花賞で5馬身差Vなのだから、世代最上位であることは明らかだ。
 ダービー2着の直後、美浦で鹿戸師から聞いた言葉が忘れられない。「天皇賞・秋と有馬記念が目標。G1は2つとも勝ちたい」。すぐに目標を切り替え、陣営一丸で前を向いていた。あの時の鹿戸先生の力強いまなざしは強く心に残った。
 追い切り後の横山武のコメントも良かった。「稽古、競馬とずっと乗せてもらってきて、調教は今までで一番良かった。パワーも全体的に一段と成長。改めていい馬だなと思った」。先日、引退した松坂大輔投手ではないが、エフフォーリア◎が自信から確信に変わった瞬間だった。
 横山武のゴール後の力強いガッツポーズ。何だか父にそっくりだなあ。涙を流しているようだけどゴーグルで見えないなあ…などと思いながら見ていたら、思わずこちらも、もらい泣きしそうになった。
 自慢できるような高額的中ではないし、オッズも安いので少額しか購入しなかったが、もらった感動は大きかった。こういうレースをきっちり当てると気分がいい。今週も頑張ろう。気持ちの糧になった。 (武本 万里絵)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示