【ジャパンC】愛国からの刺客ジャパン 怪物フランケルと同じ日本芝への適応力光る配合

【ジャパンC】愛国からの刺客ジャパン 怪物フランケルと同じ日本芝への適応力光る配合

2021年11月24日 05:30

 歴代4頭の日本ダービー馬が同じレースにエントリーしてくること自体、もちろん史上初だが、その4頭が同じ父の産駒というのも現在の日本競馬のスケールを考慮すると天文学的な確率だろう。同じく天文学的な確率で生み出された父子2代の3冠馬コントレイルがラストランに定めた今回のジャパンCは、種牡馬ディープインパクトにとっても集大成を見せるレースとなるのかもしれない。この父の産駒のワンツーフィニッシュは過去に13年(ジェンティルドンナ→デニムアンドルビー)、15年(ショウナンパンドラ→ラストインパクト)の2回あるが、今年はそれを上回る上位独占まであるかもしれない。

 ディープインパクト産駒の強敵もディープインパクト産駒という状況は、ある意味G1の定番なのだが、今年のジャパンCには招待競走ならではの血統的な異分子の参戦がある。中でも日本の芝コースへの潜在的な適応力では、その名の通りジャパンが最右翼だろう。父ガリレオ×母の父デインヒルという配合パターンは、東京2400メートルのG1(17年オークス=ソウルスターリング)サイヤーでもある親日派の怪物フランケルと共通。4年前に掲示板に届いた(5着)同じオブライエン厩舎のアイダホもこの配合。満を持しての“来日”で最高のパフォーマンスを見せる可能性はある。(サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示