【浜田】ダービーで3連単ズバリ的中!◎ドウデュースの真意を語る

【浜田】ダービーで3連単ズバリ的中!◎ドウデュースの真意を語る

2022年6月2日 10:00

 ▼木曜日のテーマは競馬。前週にスマッシュヒットを放った記者が、「この馬券こう当てた」で的中レースを振り返り検証する。先週は競馬の祭典「日本ダービー」。東京本社予想担当の浜田公人記者が◎▲△で3連単をズバリ的中。3番人気ドウデュースを本命に推した真意を語る。

 全てのホースマンが目標に掲げ、その頂を夢見る「ダービー」。競馬に携わる者の端くれとして、やはりダービーは最も当てたいレース。その的中には代えがたい喜びがある。たとえ配当が安くても、感動と興奮はプライスレスだ。

 皐月賞が終わった時点で「ダービーの◎は皐月1~3着から」と決めていた。それぞれが強い、中身の濃いレースをした。中でも目を引いたのは3着ドウデュースの末脚。上がり3F33秒8は過去10年で最速。敗れはしたが、ゴール前の伸びは他を圧倒していた。同じく過去10年の皐月賞で最速3F33秒台をマークしたドゥラメンテ、マカヒキはいずれもダービーV。そんなデータも後押しとなった。だが何より、名手・武豊の腹をくくった後方待機に覚悟を感じた。目標はあくまでダービー。東京で使える脚を測った。記者の目にはそう映った。

 友道厩舎の管理馬というのもポイントだった。これまでのダービー2勝(16年マカヒキ、18年ワグネリアン)は皐月敗戦からの巻き返し。それだけではない。NHKマイルC2勝(15年クラリティスカイ、19年アドマイヤマーズ)も皐月敗退から立て直した。前哨戦ではない皐月賞で一度ピークに仕上げ、わずかな時間で修正点を見つけ、前走以上のコンディションをつくり上げる。経験と結果に裏打ちされた、他の追随を許さないノウハウ。490キロ。デビュー以来の最低体重で大一番に臨んだドウデュースの馬体は、芸術品のように研ぎ澄まされていた。

 今回の◎は鞍上が武豊というのも大きかった。ダービー5勝の実績は言うに及ばず。競馬場に、久しぶりに大歓声が戻ったダービー。勝って一番に絵になるのは?武豊しか思い浮かばなかった。20、30、40代と勝って50代でもダービー制覇。とてつもない記録を、あっさり達成してしまうのが武豊だ。私情を挟んだのは、競馬記者としては失格の予想。それでもレジェンドは勝った。全ての競馬ファンは思ったに違いない。
 「やっぱり武豊は凄い」

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示