カラテ 父トゥザグローリーに起死回生の“一撃”

カラテ 父トゥザグローリーに起死回生の“一撃”

2021年2月10日 05:30

 7日の東京新聞杯は遅れてきた上がり馬カラテが接戦を制して3連勝。鞍上の菅原明良騎手ともどもグレード初制覇を果たした同馬はトゥザグローリーの初年度産駒で、この父も産駒デビュー4年目にして初のJRA重賞勝ちとなった。

 京都記念、日経賞などグレード5勝を挙げたトゥザグローリーは、エリザベス女王杯優勝馬にしてドバイワールドCで連対した史上唯一の牝馬でもある名牝トゥザヴィクトリーを母に持つ良血。4歳時と5歳時に2年連続で実質G1級の120ポンドのレーティングを獲得し、世界ランキングにも名を連ねている。2年早く種牡馬入りした同じキングカメハメハ後継の同期ルーラーシップとも遜色のないポテンシャルを見込まれ、供用初年度の15年に96頭、翌16年には自己最多となる101頭の交配牝馬を集めた。ところが18年デビューの初世代の出足が鈍く、19年の交配数は前年比40頭減の37頭、昨年はピーク時の5分の1以下の18頭まで激減。重賞級どころか3勝馬さえ数えるほどという種牡馬成績では致し方のないところで、カラテの勝利は種付けシーズンを前にまさしく起死回生の“一撃”だったといえるだろう。

 ちなみにカラテはステイゴールドの半妹であるレイサッシュの孫。勝つか馬券圏外かという両極端の戦績はシルバーコレクターとして鳴らした同族の名馬とは対極だが、驚異の成長力は牝系由来と思われる。このままマイル戦線の主役級に駆け上がるかもしれない。 (サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示