「母25歳」のピンクカメハメハ 画期的サウジダービーV

「母25歳」のピンクカメハメハ 画期的サウジダービーV

2021年2月24日 05:30

 20日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われたサウジカップデー開催は、日本調教馬が2勝2着1回と大活躍。メイン(サウジカップ)のチュウワウィザードは9着に終わったが、セミファイナルのリヤドダートスプリントではコパノキッキングとマテラスカイがワンツーを決め、サウジダービーはピンクカメハメハが前年のフルフラットに続く日本調教馬のV2を果たした。特に初ダートだったピンクカメハメハの快走は、番組面で冷遇されている日本競馬の世代限定ダート部門の潜在能力を再認識させるものだったといえる。

 15年の2歳王者リオンディーズの初年度産駒であるピンクカメハメハは、宝塚記念などG1・3勝の名牝スイープトウショウの17歳違いの半弟。93年生まれの母タバサトウショウ(その父ダンシングブレーヴ)が25歳で産んだ最後の血統登録産駒だった。

 ちなみに過去10年の統計記録をさかのぼっても、母馬が25歳という血統登録産駒は同馬を含めてわずか6頭。母26歳以上の血統登録はない。生まれてきたこと自体が記録的ともいえる高齢出産である。

 ちなみに国内重賞勝ち馬の「母馬年齢」は、手元に残る資料では03年東海Sを制したゴールドプルーフ(95年生まれ)の母サンウーマン(72年生まれ)の23歳が最高齢となっている。サウジアラビアはパート3競馬国なので国際セリ名簿基準では参考記録扱いだが、それでも「母馬年齢25歳」のピンクカメハメハのサウジダービー制覇が画期的であることに変わりはない。(サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示