【浜田】カペラS、◎○▲の完全的中でリベンジ成功!

【浜田】カペラS、◎○▲の完全的中でリベンジ成功!

2021年12月16日 10:00

 木曜日のテーマは競馬。前週にヒットを放った記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。今週は中山G3「カペラS」の3連単1万6910円を◎○▲の大本線で的中した東京本社予想担当・浜田公人記者が登場。展開を読み切った“完全的中”のプロセスを振り返る。

 馬はもちろんだが、記者にとっても1年前のリベンジだった。ダンシングプリンスは3着に敗れた昨年も◎。地方所属から通算6連勝で挑んだが、わずかに首+首差で涙をのんだ。その昨年は好スタートからいったんハナに立つも、ヒロシゲゴールドに内から競られ、主導権を奪い返された。4角では勝ったジャスティンに外からずっとプレッシャーをかけられる形。厳しい展開で、負けて強しの内容だった。

 今年も先行馬が多く、激流必至の情勢。その中でもモズスーパーフレアの初速は抜けている。モズがすんなり逃げてくれれば、理想的な番手に収まるはず。モズが出遅れて、昨年同様の展開になるのが唯一の懸念だったが、幸いロケットスタートを決め、思惑通りの展開となった。前に気配を感じさせながら、後続馬群のペースを巧みにコントロール。昨年はきつかったコーナーも、邪魔されることなくスムーズに回った。思い描いた通りの勝ちパターン。安心して見ていられた。

 1列後ろで◎をマークするとみた○リュウノユキナが2着。代打騎乗の石橋が完璧に乗ったが、最後は1キロの重量差か。先行有利の見立ての中、唯一印を回した差し馬▲オメガレインボーが3着。激流を味方に直線台頭のシーンも“シナリオ通り”だった。重賞で3連単を◎○▲で的中したのは、本社予想担当となって4度目。3→2→6番人気の決着で1万6910円は正直“安い”と感じたが、めったにない会心的中の快感はプライスレスだ。

 ただ、脳内にアドレナリンが充満したのは、ほんの一瞬。余韻に浸る間もなく発走した阪神JFでは、◎ナミュールが大出遅れ。カペラSで抱いていた一抹の不安が、形を変えてG1の方で“的中”してしまった。勝ったのは最後まで本命を打つか迷って対抗としたサークルオブライフ。3連単は10万馬券。2、3着馬にも印が回っていただけに、大魚を逸した感は半端ない。後悔と反省の念を抱きながら、帰路に就くしかなかった。記者とてG1開催週にG1以外のレースで当欄に登場するのは本意ではない。次こそはG1を本線で仕留めたい。 (浜田 公人)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示