【日本ダービー】イクイノックス 大敗タッグの歴史的リベンジ

【日本ダービー】イクイノックス 大敗タッグの歴史的リベンジ

2022年5月25日 05:30

 皐月賞の稿で“最強の2・3位連合”と書いた当時から覚悟していたのだが、日本ダービーの主役候補としてイクイノックスの血統を語る際、どうしても避けて通れない事実がある。父のキタサンブラック、母の父キングヘイローが牡馬の2冠目ではくしくも同じ14着に大敗していることだ。

 日本ダービーで10着以下に敗れた馬が父として日本ダービーに産駒を出走させることは、それ自体が珍しい。グレード制導入以降ではビゼンニシキ(84年14着)、サッカーボーイ(88年15着)、前記キングヘイロー、ジョーカプチーノ(09年18着)、ジャスタウェイ(12年11着)に次いでキタサンブラックが6頭目。父も母の父も2桁着順のイクイノックスは、歴代出走馬の中でもワースト級の“大敗タッグ”の産物ということになる。

 ちなみに59年の優勝馬コマツヒカリの父トサミドリは49年の7着馬で、キタサンブラックと同じ菊花賞馬だった。前記サッカーボーイは99年2着のナリタトップロード、ジャスタウェイも19年3着のヴェロックスを出している。結論を言えば“大敗歴”は杞憂(きゆう)だろう。祖母の父トニービンは父としてウイニングチケットとジャングルポケット、母の父としてアドマイヤベガ、そして祖母の父としてドゥラメンテを出した日本ダービーの最重要血脈。この父と母の父の歴史的リベンジを後押ししてくれるはずだ。(サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示