【船橋記念】キャンドルグラス連覇!川島一師「今年は交流重賞勝たせたい」

2021年1月14日 05:30

 「第65回船橋記念」(S3)が13日、船橋競馬場で行われた。1番人気のキャンドルグラスが差し切って優勝、このレース連覇を達成した。同馬と2着アドバイザーには「第12回フジノウェーブ記念」(S3、3月10日、大井)への優先出走権が与えられた。

 激しい先行争いを尻目に道中は中団追走。3コーナーから仕掛け、内めの4番手から直線を向いて外に持ち出すと右ステッキ1発のゴーサイン。これに応えて末脚を伸ばすと一完歩ごとに前との差を詰め、ゴール前できっちり半馬身差し切った。このレース4連覇となった御神本は「馬を連覇に導けてホッとしている。枠も良かったし4コーナーまでうまくいった。最後は地力で勝ってくれた」と満足そうに振り返った。川島一師も「仕上げに自信があったし、うまく乗ってくれた。今年は交流(重賞)を勝たせたい」と新たな目標を掲げていた。

 ◆キャンドルグラス 父サウスヴィグラス 母ブローザキャンドル(母の父サンデーサイレンス) 牡7歳 船橋・川島正一厩舎 馬主・吉田照哉氏 生産者・北海道千歳市の社台ファーム 戦績35戦12勝(南関東31戦10勝) 総獲得賞金1億2624万円 重賞は20年船橋記念以来2勝目。

特集

2021年1月14日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示