【ダービー】バスラットレオン3代制覇 母の父が“架け橋”最強のダービー馬

【ダービー】バスラットレオン3代制覇 母の父が“架け橋”最強のダービー馬

2021年5月26日 05:30

 ダービーまでに行われる3歳G1は桜花賞、皐月賞、NHKマイルC、オークスの4レース。種牡馬ディープインパクトは最初のクラシックだった11年桜花賞のマルセリーナから昨年の皐月賞コントレイルまで、そのいずれかで毎年欠かさず勝ち馬を出してきたのだが、今年はオークスのアカイトリノムスメが2着に終わり、11世代目にして初の“全敗”となった。2歳戦を含めて現3歳ディープインパクト産駒はいまだに世代限定G1未勝利。牡馬に挑むサトノレイナスが象徴的で、単独最多の7勝目がかかるダービーの一点突破に特化した世代という見方もできる一方、モンスターサイアーの燃え尽き症候群的な変調の予兆も浮かび上がってくる。

 またか、と思われる向きも多いだろうが、今週もキズナ産駒バスラットレオンにディープインパクト系の世襲を期待している。08年英ダービーでガリレオとの父子制覇を果たした母の父ニューアプローチは、父として18年英ダービー馬マサーを出し、“3代制覇”のブリッジとなった。遺伝面において最強の英ダービー馬ともいえる同馬は、日本ダービー3代制覇にはこれ以上ないサポート役だろう。祖母ザミリアを共有するいとこスティッフェリオはオールカマーに優勝、春の天皇賞で同タイム2着のステイヤー。血統的には2400メートルの距離に不安はない。(サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示