【浜田】ソダシの死角見抜き的中

【浜田】ソダシの死角見抜き的中

2021年10月21日 10:00

 木曜のテーマは競馬。前週にクリーンヒットを放った記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。先週のG1秋華賞は東京本社予想・浜田公人記者が、4番人気アカイトリノムスメに敢然と本命を打ち◎☆▲でズバリ的中。断然人気のアイドルホース・ソダシの死角を見抜き、伏兵◎に至ったプロセスを振り返る。

 「赤」か「白」か。記者にとっての今年の秋華賞のテーマは、この一点だった。白毛ソダシの評価を下げた理由は、先週土曜(16日)付に記した通り。端的に言えば「春2冠に出走し、桜花賞よりオークスで着順を下げ、かつ掲示板(5着以内)を外した馬」が、秋華賞を勝ったことは皆無。ソダシは桜花賞を勝ちながら、オークスで8着に敗れた。札幌記念は確かに強かったのだが、より総合力を問われるオークスでの大敗が、どうにも気掛かりだった。

 対する◎アカイトリノムスメは桜花賞4着、オークス2着。白星こそないが、春2冠で最も安定した成績を残していた。国枝師が「母アパパネよりも成長曲線が緩やか」と評するように、春は心身共に明らかに幼い状態。調教自体も遠慮気味の印象だった。ただ、ひと夏を越し、良血は確実に進化。1週前追いでこれまでにないハード調教を課したことが、愛馬への信頼度が上がった証明だった。

 レースはエイシンヒテンが逃げ、ソダシがVポジションと言える2番手をキープ。この時点では正直「やられた」と思った。だが、4角を待たずして吉田隼の手が動く。これでは苦しい。対してアカイトリはがっちり好位をキープ。道中の位置取りが定まらなかった春2冠とは違う堂々とした運び。仕掛けのタイミングも抜群だった。ゴール前は外を伸びるルメール・ファインルージュ、内を突いた福永アンドヴァラナウトが迫ったが、脚色は見劣りなし。着差以上に安心して見ていられる内容だった。

 国枝師はこれで秋華賞3勝目。過去2勝はアパパネ、アーモンドアイと3冠制覇。そのアパパネの子でもぎ取ったラスト1冠は、今までとはひと味違う格別の勝利だろう。しかも4年連続の秋華賞連対。紫苑Sを使うプランがありながら、「夏から立ち上げるには、まだ頼りない」と、オークスからの直行を選択した戦略もズバリだった。

 ソダシはレース後に歯をぶつけて出血していたことが判明。今回の敗戦だけで判断はつかないが、メンタルの難しさを露呈したのは事実。一方、アカイトリはまだ成長途上。古馬となってG11勝に終わった母以上の活躍を期待したい。個人的には純和風な馬名がお気に入り。ぜひ日の丸を背負って、世界へ羽ばたいてほしいと願う。
 (浜田 公人)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示