【この馬券こう当てた】穴狙いでようやく…エリ女で歴史的大的中の岡本が感激と的中への思考を公開!!

【この馬券こう当てた】穴狙いでようやく…エリ女で歴史的大的中の岡本が感激と的中への思考を公開!!

2021年11月18日 05:30

 ▼木曜日のテーマは競馬。前週に高配当をヒットした記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。先週は何と言っても◎アカイイトでエリザベス女王杯の3連単339万3960円をブチ当てた岡本草太記者。穴馬券を狙い続け、ようやく手にした帯封。その感激と的中への思考を聞こう。

 思い描いた通りになんかならないのが競馬。競馬担当13年、身に染みて分かっている。それでも、いつか絵に描いたような穴馬券が取れると信じてやってきた。ついにその日が…。配当はもちろんだが、そのことが何よりうれしい。

 順を追って振り返ろう。まずはエリザベス女王杯の位置づけ。今や「最強牝馬決定戦」とは言い難いことはご存じの通り。近年の3冠牝馬ジェンティルドンナ、アーモンドアイ、デアリングタクトは一度も出走したことがなく、現役最強牝馬の座にいるクロノジェネシス、ラヴズオンリーユーも今年は別路線を歩む。G11勝馬が2頭。レイパパレは距離という明確な課題があり、アカイトリノムスメはローテーションに不安が残る。前評判ほど差はない。

 次に枠順。これが大きな決め手だった。レイパパレが1枠1番、アカイトリノムスメが2枠3番とそろって内枠。逃げるかどうかはともかく間違いなく先行するレイパパレ、それをマークする位置にアカイトリ。2強に挑むライバル勢にとっては目標が分かりやすく、勝負どころから消耗戦となる可能性は高い。ましてや京都改修工事のためロングラン開催となる阪神はAコース使用6週目。内枠がアダになるケースは十分にある。

 そうなった場合に来る馬は?2強を追いかけず内で脚をためて直線勝負に出る馬か、ストレスのかかる内めではなく外を回って差す馬。前者はすぐに〇クラヴェルに行き着いたが、このタイプは直線の進路確保にリスクが伴う。後者の組にこれを上回る馬がいるか?

 ◎アカイイトがいた。ひと口に「末脚自慢」といっても持ち味はさまざま。消耗戦を前提としている以上、ヨーイドンでの上がり3F33秒台を身上とするタイプは今回はお呼びではない。35秒台でいかに他馬を凌駕(りょうが)できるか。アカイイトはオールマイティーな末脚自慢だが、特筆すべきは3F35秒台での最速が3度あること。2走前の垂水Sは3F最速35秒0で直線一気を決めた。上がり次位には0秒4差をつけており、頭差の着差以上の内容。消耗戦でこそ浮上すると判断した。

 実際のレースはアカイイトがメンバー最速の3F35秒7で差し切り勝ち。唯一、想像と違っていたのは2馬身という着差。4角ではちょっと動くのが早いか?とヒヤヒヤしたが、取り越し苦労だった。馬の力と感触を信じた幸ジョッキーの好騎乗が光った。ありがとう。 (岡本 草太)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示